伏見の清酒 KYOTO FUSHIMI SAKE GUIDE Facebook - 復活20周年記念 京の酒米『祝』振興プロジェクト 伏見醸友会 創立100周年
京都伏見 SAKEZO'S BAR
  • Facebook
  • Twitter

酒蔵・蔵元紹介

HOME > 酒蔵・蔵元紹介 > 「玉乃光」玉乃光酒造株式会社

「玉乃光」玉乃光酒造株式会社

【住所】 〒612-8066 京都市伏見区東堺町545-2
【TEL】 075-611-5000
【FAX】 075-601-0004
【URL】 http://www.tamanohikari.co.jp/
創業
延宝元年(1673)
設立
昭和24年(1949)
玉乃光

主な製品

玉乃光
日本酒
  • 純米吟醸 酒魂(しゅこん)玉乃光 720ml
  • 純米大吟醸 玉乃光備前 雄町(おまち)100% 720ml
  • 純米吟醸 祝(いわい)100% 720ml
  • 純米大吟醸 酒鵬(しゅほう) 720ml
単式蒸留(焼酎)
  • 純米焼酎 京のひかり 黒ボトル
  • 純米焼酎 まねきつね
  • 純米焼酎 29(にじゅうきゅう)
リキュール
  • 京の梅酒「ものがたり」
  • 京の柚子酒「ものがたり」
雑酒
  • -

沿革

初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業しました。
昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してまいりました。
酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたものとされています。

現況

現況延宝元年(1673年)、玉乃光は生まれました。
340年。まじめに、まじめに、去年よりも良い酒をという思いで、日本酒を造りつづけてきました。派手な酒ではありません。今風の流行とも無縁です。
目指したのは、飽きのこない酒。
食事を引き立てる定番。
ただそれだけのために、米の品種はもちろん、田植えの仕方にまでこだわり、業界に先駆け、「純米酒」を復活させました。
玉乃光の日本酒は、米と水と麹。
そして、時代に左右されずに、ただ良い酒をつくるという心意気だけで、造られています。

当社のお酒が飲める店

  • 玉乃光酒蔵八重洲地下街店
    東京都中央区八重洲2-1 
    八重洲地下街南1号
    [TEL]03-3274-6888
    [一人当たりの予算]3,000円程度
  • 玉乃光酒蔵梅田店
    大阪市北区曾根崎2-11-8
    大阪日興ビルB2
    [TEL]06-6313-6776
    [一人当たりの予算]3,000円程度

酒蔵・蔵元紹介一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る