伏見の清酒 KYOTO FUSHIMI SAKE GUIDE Facebook - 復活20周年記念 京の酒米『祝』振興プロジェクト 伏見醸友会 創立100周年
京都伏見 SAKEZO'S BAR
  • Facebook
  • Twitter

酒蔵・蔵元紹介

HOME > 酒蔵・蔵元紹介 > 「慶長」平和酒造合資会社

「慶長」平和酒造合資会社

【住所】 〒612-8063 京都市伏見区東組町698
【TEL】 075-601-0012
【FAX】 075-602-0015
創業
延享元年(1744)
設立
昭和23年(1948)1月
慶長

主な製品

慶長
日本酒
  • 純米大吟醸酒 慶長伏見の酒
  • 純米吟醸酒 慶長小判
単式蒸留(焼酎)
  • -
リキュール
  • -
雑酒
  • -

沿革

当社は河内の出身であることから、河内屋という屋号により大阪京橋で米問屋を開業。延享元年(1744)、伏見今町において河内屋与兵衛が酒株を取得し、酒造りを開始。江戸末期に河内屋伊兵衛を分家。これが現在の平和酒造の前身です。伏見奉行所の統制により、大きく酒造数量を増減させながら、明治の初頭には伏見においてトップクラスの酒造数量を誇りました。
明治から大正、第二次世界大戦までは、地主としての収入である米を使用して生産販売。戦後の農地改革やその後の経済変動により、昭和23年1月30日、中 伊兵衛から平和酒造合資会社を設立。昭和30年代には桶売り専業となり、永く瓶詰出荷を中止していました。平成元年清酒の共同生産に踏み切り、瓶詰製品の出荷を再開し、現在に至っています。

現況

現況当社が江戸時代から使用してきた酒蔵は、残念ながらコスト面より維持できず、昭和の終わりにマンションに建て替えられました。同時期に当社を含め、伏見に古くからある酒造家5軒が集まり、伏見銘酒協同組合を設立。新しい酒蔵を建設し、ここで醸造を始めました。
清酒の最高峰、純米大吟醸酒の「慶長伏見の酒」を柱に、特定名称酒のみを課税出荷。量的拡大のための宣伝費を掛けない、低価格と高品質に重点を置いた消費者本位の経営方針のもと、代々受け継がれてきた伝統ある家業の継承発展をめざしています。

酒蔵・蔵元紹介一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る